大学生ブロガーが ゆうちょ銀行の口座を2個開設してみた!【開設手続きまとめ】

節約術

 

最近、僕バイトを始めたんだ!

私

おー、そうなの?

うん!

これから ジャンジャン稼いでいくつもり!

私

気合入ってるねー!

そこで、

バイト給料を振り込んでもらう用の口座と、普通の貯金用の口座を分けたいんだけど…

 

ゆうちょ銀行って、ひとりの人が複数の口座を作ることってできるの?

私

できるよ!

ただし ちょっとした条件があるから、そこは注意が必要なんだけどね。

え、そうなの!?

ちょっと、詳しく教えてよ!

私

じゃあ 今回は、

ゆうちょ銀行の口座を複数作るための条件口座開設手順について見ていこう!

 

スポンサーリンク

複数の口座を作るための条件

同じ使用用途で、複数の口座は作れない
・全てのゆうちょ銀行口座を合わせて貯金できるのは、1300万円まで
・代理人が口座を作るときは、代理人であることを証明するものが必要

 

まず 原則として、一つ目のゆうちょ口座と同じ使用用途で もう一つ口座を作ることは出来ません

 

例えば、2つ口座を開設するとして、2つとも貯金用にする…というのは、残念ながら無理です。

ですが、「2つの口座を、貯金用(ずっと預けっぱなしの口座)と生活費用(普段お金を出し入れする口座)に分ける」というのはOKです!

 

僕の場合は、1つ目の口座が貯金用、2つ目がバイト代の振込先用だから、セーフだね!

 

 

また、貯金できるのが1300万円までというのは、複数口座を作っても適応されるルールです。

(詳しくは、こちらのページの「デメリット」という項目を参考にしてみてくださいね↓)

ゆうちょ銀行を使うメリット・デメリットって?どんな人におすすめ?
銀行口座を開設するなら、ゆうちょ銀行が断然おすすめ。なぜなら、ゆうちょ銀行を利用すれば 面倒なお金の管理も楽にできちゃうから!今でも根強い人気を誇るゆうちょ銀行のメリットを徹底解説。

 

 

口座を開設するには、基本的には本人(”名義人”となる人)が手続きするのがベストなんですが、代理人でも口座を開設することができます

 

ただし、この代理人というのは、本人の親や、同居している配偶者、その他の法定代理人でなければなりません。

また、代理人が開設手続きをするときは、本人(名義人)の本人確認書類だけでなく、本人の代理人であると証明できる、代理人自身の本人確認書類が必要です。

 

私

名義人本人の委任状があっても 手続きできないから、注意しよう!

 

 

口座開設の流れ

 

ゆうちょ銀行の口座を開設するには、郵便局の窓口に行って直接手続きをする方法と、ネットから申し込むという2つの方法があります。

 

このネットから申し込むというのは、通称「ゆうちょダイレクト+(プラス)」と呼ばれるサービスです。

ただし、どうやら これを利用できるのは、

初めて口座を開設する方か、「ゆうちょダイレクト」から「ゆうちょダイレクト+」へ移行する方のみのようです。

 

私

今回は「2つ目のゆうちょ銀行口座を作る」というのが目的なので、このサービスは使えなさそうです…残念!

⇒詳しい「ゆうちょダイレクト+」の情報は、こちら

 

 

口座開設するときに必要なもの

身分証明書
印鑑
公共料金の領収書保険証(身分証明書と現住所が違う方のみ)
・いま使っているゆうちょ銀行口座の通帳(なくてもOK)
マイナンバーカード(なくてもOK)

 

身分証明書として使えるのは、以下のようなものです。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 身体障害者手帳
  • 精神障碍者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 旅券(パスポート)・乗員手帳
  • マイナンバーカード
  • 写真付きの公的証明書類

 

これらのうち、どれか一つを持って行けばOKです。

 

 

印鑑とは、口座開設をするときに 銀行に登録する用の印鑑(届け印)です。

シャチハタ以外なら、認印でも実印でもOKです。

 

ちょっと待って!

印鑑の種類が多すぎて分からない…!(汗)

 

私
  • 認印普段よく使う印鑑。三文判ともいう。
  • 三文判…100均とかで売ってる、安い印鑑。大量生産されている。
  • 実印役所に届け出た印鑑。
  • シャチハタ…朱肉が要らないゴム印。公式な印鑑としては使えない。

ざっとこんな感じ!

 

なるほど!
でも、認印と実印、どっちがいいんだろう…?

 

私

私は実印で登録したよ!

大切な通帳の印鑑だし、認印は普段よく使うから、万が一 印鑑の情報が漏れたら嫌だからね…

 

 

また、身分証明書に記されている住所と 今住んでいる住所が違う方は、公共料金の領収書を持って行きましょう。

 

僕の場合は、

「自分は大学生で一人暮らしを始めているけど、住所変更はしていない」ってパターンだから、

公共料金の領収書を持って行かなきゃならないのか!

 

私

そうだね。

ただ、郵便局によっては、公共料金の領収書じゃなくて 保険証の裏に現住所を書き足せばOKっていう場合もあるんだ。

 

だから、公共料金の領収書をとりあえず持って行ってみて、あとは窓口の人の指示に従いましょうね!

 

 

「いま使っているゆうちょ銀行口座の通帳」というのは、自分の貯金残高を知るために利用します。

 

というのも、2つ目以降の口座を作る際に、その口座に貯金できる上限金額を設定することになるのですが、

そのときに「今、自分の口座にどのくらい貯金が入っているか?」を確認する必要があるからです。

 

私

…とは言うものの、ぶっちゃけ

通帳は 持って行かなくても手続きできます

あとから変更できるので、とりあえず残高が分からないなら 適当に決めちゃってください!

 

私も窓口のお姉さんに、

「じゃあ一応300万円くらいに設定しておきますねー」って言われました(笑)

 

 

あと、先ほど「マイナンバーカード」と言いましたが、これも持って行かなくてもOKです。

 

口座開設手続きをしている途中で、なぜか「マイナンバーカードは、持ってませんよね?」と訊かれたので、ひょっとするとあった方が良いのかもしれませんが、

別になくても問題なく手続きできたので 必要ないかと思います。

 

 

郵便局での開設手順

 

1.窓口に行く

まず、窓口に到着したら、受付の人に「2つ目のゆうちょ銀行口座を開設したい」と伝えます

ここで、口座を新しく開設したい理由などを訊かれます。

 

その後、申込用紙が2枚渡され 発券機に案内されるので、番号札を取り、受け取った申込用紙を記入します

(郵便局の込み具合によっては、先に整理券を取って受付を待つことになるかもしれません)

 

 

2.申込用紙を記入する

記入する用紙は、「総合口座利用申込書」と「お取り引き目的等の確認のお願い」という2枚です。

 

総合口座利用申込書に記入すること>

郵便番号、現住所、電話番号
名前
生年月日
金額(口座を作ったその日に預ける金額)
カードの種類(普通の方なら一般カードでOK)

 

 

ここの、「金額」って欄はどうすればいいの?

私

初めて口座を開設するなら その日に1円以上を預けなきゃいけないみたいだけど、今回は2回目の口座開設だから0円でOKだよ。

 

 

ちなみに、用紙の下の方に「オートスウィング基準額」という欄がありますが、

これは新しく作る口座の貯金上限金額を設定する項目です。

ゆうちょ口座を初めて作る方は1300万円でいいのですが、2個目以降の口座を作る方は、

今まで作ったゆうちょ口座と合計して1300万円になるように金額を決めてください。

 

私

私は、記載台においてあったお手本通りに 1300万円と記入してしまい、あとで修正されてしまいました(汗)

 

 

お取り引き目的等の確認のお願いに記入すること>

・名義人の名前
取引の目的
職業

 

取引の目的は、「生計費決済」や「事業費決済」、「給与受取/年金受取」といった選択肢が用意されているので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

 

私

記載台に見本があるから、その通りに記入すれば大丈夫だよ!

 

 

あと、2枚重ねになっている書類は、提出する前によく確認してみてください

印鑑が必要な書類が下に重なってあって、気づかないことがあります。

 

私

実際、私も受付の方に指摘されるまで 気づきませんでした…(笑)

 

一通り記入できたら、自分の番号札が呼ばれるまで待ちましょう。

 

 

3.身分証明書を見せて、印鑑を押す

番号が呼ばれたら、先ほど記入した申込用紙にミスや記入漏れがないかチェックしてもらいます。

チェックが終わったら、身分証明書の提示と 書類に印鑑を求められるので、待っている間に準備しておきましょう!

 

 

4.口座の暗証番号を登録する

口座を実際に利用するには、4桁の暗証番号を決めなくてはなりません。

これは、自分で好きな数字4桁に設定できるので、事前に考えておくとよいでしょう。

私

ただし、「生年月日」や「1234」といった簡単にバレてしまいそうな数字にはしないでね!

 

 

5.通帳デザインを選ぶ

ゆうちょ銀行では、3種類の通帳デザインがあります。

ここでは画像をお見せすることができなくて申し訳ないです…

ですが、中身はどれも同じなので、自分の好きなデザインを選んでくださいね。

 

 

6.出来上がった通帳を受け取る

最後に、書類に 完成した通帳に記載されている「記号」や「番号」などを書き込みます

(これらは、通帳の表紙裏に書いてます)

 

私

この通帳を受け取るとき、私は「バイト先って決まってますか?」って訊かれました。

 

恐らく、「バイト給料の振込先として、2つ目の口座を開設したい」と言ったからでしょう…

 

…が、このときバイト先の住所などは 教えなくてもOKです!

「まだバイト先は決まってません」と言えば、大丈夫です。

 

 

あとは、受付の方の説明を聞いて、完成した通帳を受け取れば 口座開設は終わりです!

 

わーい!

口座開設できた~!!

 

私

ちなみに、キャッシュカードは2週間以内に、登録した現住所へ届けられるよ!

「簡易書留」で送られてくるので、直接 自宅に宅配員の方が届けに来てくれるんだ

 

なので、キャッシュカードが届くまでは、なるべく家にいようね!

 

ちなみに、アッシュの場合は いつ頃届いた?

 

私

私の場合は、口座を開設した日から3日後の夕方に届いたよ!

休日だったから完全に油断してたけど、土日でも宅配されるから注意しなきゃだね…(汗)

 

 

手続きにかかる時間は?

 

これは、郵便局の規模や行く時間帯にもよるのですが…

はやい方だと 10~20分で終わるそうです。

 

私

私が行ったときは混んでたので、40~50分かかった…(汗)

 

11時から行ったのですが、11時半頃になると どんどんお客さんが入ってきて、12時くらいがピークという感じでした。

ランチ時ですし、休憩時間に足を運ぶ…という方が多いのかもしれません。

 

 

最後に

 

いろいろお話してきましたが、普段郵便局を利用することに慣れている方なら 簡単に口座開設できると思います。

 

私は、そもそも「一人で郵便局に行って 何か手続きをする」という経験がなかったもので、内心めちゃめちゃ不安でした…

おかげで、書類をミスったり、段取り悪くてもたついてしまったりしましたが…(笑)

 

私自身の反省も含めて今回お話しさせてもらったので、これが少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです!

コメント