【不安解消】普通免許試験(本免許学科試験)受験の流れと必要なものを詳しく解説!

勉強・資格

実技クリアして教習所も卒業したし、残すは本免許の学科試験だけだー!

 

私

おー、やったじゃん!
おめでとう!!

 

えへへ、ありがとー!

さっそく明日、学科試験を受けに行ってくるよ。

 

私

そっかそっか!

じゃあついでに、一日の流れとか 持って行くものを一緒に確認しておきますか!

 

おぉ、頼もしい!

お願いしまーす

 

スポンサーリンク

必要なもの

 

  • 運転免許申請書(登録票)
  • 卒業証明書
  • 住民票(マイナンバーが記載されてないもの)
  • 仮免許証
  • 本人確認書類(免許証・仮免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート・学生証など)
  • 写真(縦3cm×横2.4cm)
  • 眼鏡・コンタクト
  • お金(試験手数料、交付手数料など)
  • 筆記用具(ボールペン、シャーペン、鉛筆、消しゴムなど)
  • 昼食
  • 印鑑(一応…)

 

「運転免許申請書」「卒業証明書」「住民票」「仮免許証」「写真」については、卒業するときに教習所でもらえますから、それをそのまま持って行けばOKです。

ただし、写真が撮影日より6ヶ月過ぎてしまっている場合は、新しい免許用証明写真を2枚準備する必要があるので、注意してくださいね。

 

「本人確認書類」は、基本的に仮免許証をもっていれば大丈夫なのですが、
念のために健康保険証なども持っておくと間違いないです。

 

 

お金ってどのくらい必要なの?

私

受験料や手数料、交通費なんかを考えると

普通免許なら5,000円あればOK!

 

試験手数料として1,750円、合格したときの免許証交付手数料として2,050円
合わせて約4,000円が必要になります。

私

実際、私が支払ったのは3,800円でした

 

しかし、試験会場までの交通費や、万が一お金が足りなくなった時のことを考えると、5,000円以上持っておくのがベストだと思います。

 

ちなみに、私の教習所では「6,000円持って行けば間違いない」って言われた!

 

不安な方は、少し多めに持って行くといいですよ(´▽`*)

 

 

あと心配だったので、一応印鑑も持って行きました。

結局、印鑑を使うことはなかったのですが
地域によっては印鑑が必要になるところもあるようなので、持っておくといいですよ。

(シャチハタ以外の印鑑だと間違いないです)

 

 

試験当日の流れ

当日の流れをざっくり言うと、こんな感じになります。

  1. 受付(運転免許申請書の記入)
  2. 適性検査(視力検査)
  3. 学科試験
  4. 合格発表
  5. 免許交付手続きの説明
  6. 写真撮影
  7. 講習
  8. 免許証交付

 

私

受付開始時間や終了時間は場所によって微妙に異なるので、
正確な時間帯については受験する施設のホームページを確認してみてくださいね!

 

 

ちなみに、私の場合 8:30~14:30までかかったので、所要時間は6時間くらいでしたね。

 

では、当日の流れをもっと詳しく見ていきましょう!

(※ここで紹介しているのは、あくまで私が受験した地元センターのものです)

 

 

8:30~ 受付

ここでは、

  • 「運転免許申請書」の購入&記入
  • 窓口で受付

という流れになります。

 

「運転免許申請書」は記載台にお手本が置いてあるので、それを見ながら書けばOKです!

記入したら、係員の方に一度チェックしてもらいます。

チェックが済んだら、持ってきた書類と一緒に受付窓口へ提出しましょう(´▽`)

 

 

私

私の時はかなり並んだので、ここまでで15分かかってしまいました…(汗)

受付時間が8:30~9:15までだったので、かなりギリギリでした…!!

 

 

9:00~ 適性検査

適性検査といっても、やるのは視力検査だけです。

ここも混んではいましたが、5分程度で済みました。

 

視力は、片目で0.3以上、両目で0.7以上となればクリアです。

私

眼鏡とコンタクトの準備をしておきましょう!

 

適性検査が終わったら、そのまま学科試験の教室へ向かい試験開始まで待機しましょう。

 

 

10:00~ 学科試験

いよいよ学科試験です。

30分間合格ライン90点を目指して全力を出します。

 

私

受験番号などの間違いがないかも 見直しましょう!

 

 

11:00~ 合格発表

指定されたモニター前に集合して、合否を確認します。

発表後、問い合わせをすれば 自分の点数を教えてもらうこともできました

 

合格だった場合は、お昼からの説明が始まるまでランチタイム・休憩となります。

 

 

もしも不合格だった場合は、どうなるの…?

 

私

そのときは、「受験票」「卒業証明書」「住民票」などが返却されるから
窓口で受け取って、後日また再チャレンジすることになるよ。

 

ですが、午前がダメでも 午後にもう一度受験することができるところもありますので、そこはホームページで確認してみてください!

(なお、再チャレンジするときは、もう一度「運転免許証」の記入が必要になります)

 

 

12:50~ 免許交付手続きの説明

指定された教室で、免許交付手続きについての説明を受けます。

説明が終わったら、そのとおりに書類を記入していきましょう。

 

 

13:15~ 写真撮影

ここで免許証に使う写真を撮影します。

合格できたらその日のうちに写真を撮ることになるので、試験当日の服装選びも大切になってきますね!

 

ただ、顔が隠れてしまう服装はNG(例:マスク、サングラス、帽子、色の強いカラコン…)なので、そこだけは注意しましょう。

私

普段のメイク程度ならOKですので、安心してくださいね。

 

 

13:30~ 講習

ここでは、「これから車を運転していくうえでの心得」的な話を聞きます。

教習所を卒業した人も、全員この講習を受けることになります。

 

 

14:00~14:30 免許証交付

最後に、待望の免許証が交付されます!

私のときは受験番号順に交付されたので、最後の方の人だと少し時間がかかるかもしれませんが、30分もあれば終わるでしょう。

 

免許証を受けとったら、これで全て終了となります!

私

お疲れさまでした!!

もちろん、車を運転して帰ることもできますよ(笑)

 

 

最後に

受験場所になっている警察署や免許センターに行くだけでも緊張してしまうかもしれませんが、
実際に行ってみれば看板や貼り紙が結構あるので、それほど困ることはないと思います。

 

ぶっちゃけ、前の人についていけば何とかなります(笑)

 

私

あとは、学科試験で自分の全力を出し切るのみ!

応援してるよ!

よーし、頑張るぞー!!

コメント